事例

ロッカーを梱包するダンボールです。

ロッカーを梱包するための段ボール

横90cm×奥行40cm×高さ100cm や185cmのロッカーを梱包するダンボールの制作事例をご紹介いたします。

 

ご提案したロッカー用ダンボールの梱包仕様

  • 材質     K5W
  • 内寸(サイズ)横90cm×奥行40cm×高さ100cm
  • 形状     C式箱(身・蓋)+スリーブ形状(2P)
  • 発注数量   30枚
  • 納期     約4日間
  • お見積り   1,828円/枚(一箱)

参考のお見積ですが、印刷無し・LOT30・関東地区配送・消費税別・配送料込みで、外箱1,828円/枚になります。

 

 

ロッカーなどの大きいサイズの物をダンボール梱包する際の問題点

s-14.06(2)

ロッカーのように大きなものを梱包する場合は、一般的なみかん箱形状のような箱で作成すると、一度商品を箱の高さまで持ち上げて梱包するため、大変梱包がし難くなります。

 

そのため、みかん箱形状で作成する場合は、箱の高さが80cm~100cmくらいまでが妥当です。

 

それ以上の物を梱包する場合、商品の横と奥行きにあわせた内寸から高さを10cmの長さでカットしたお皿の用のもの(上キャップ・下キャップ)を底面と天面に被せ、側面はスリーブ(折れ線が入った筒状になるダンボール)で巻き、PPバンド で梱包する方式を用います。

s-14.06(3)

こちらの仕様で梱包しますと、底面の中心に商品を乗せてから梱包作業をするため、中の商品を大きく持ち上げませんので、梱包しやすくなります。

 

 

スリーブ(ダンボールの側面部)を省いて梱包するケース

s-14.06(4)

ロッカーを1個ずつ小出しに出荷する場合は、上述のスリーブ(ダンボールの中心部)を使って全体をカバーする必要があります。

しかし、社内便や自社倉庫などを使って大量輸送する場合は、専用パレット(土台) に綺麗に並べて上側のキャップ位置をロープなどで固定して

動かなくすることで、パレット単位で運べるため

スリーブを省いて梱包される場合が多いです。

そのため側面がダンボールの物と比べ、更に梱包がし易くなります。

 

スリーブを省いてロッカーを梱包しパレット(土台)に乗せました。

 

s-14.06(5)

パレットの上のロッカー

 

s-14.06(6)

キャップ(蓋)側の段ボールに商品名を印刷

 

こちらのダンボールは蓋側のほうには商品名等の印刷をしましたので、サイズが多少異なった別商品でも区別出来、商品の管理がし易くなりました。

 

s-14.06(7)

s-14.06(8)

s-14.06(9)

また1箱に使用する紙の量を大きく減少し、送料や材料費を減らす事が出来、コスト削減になります。

s-14.06(10)

s-14.06(11)

こちらの商品で、100セット作成して約150円(ダンボールのみ)で作成できます。

 

こちらの仕様は、「上下のキャップとスリーブ形状」とご連絡頂ければスムーズでございます。

 

また、上下のキャップとスリーブという形を採用するとしても、お客様からエンドユーザーまでの荷扱い状況によって、材質の選定なども判断が難しくなってきます。

 

経験豊富な営業スタッフが対応しておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

 

お電話でのお問合せ【 営業時間 平日 9:00~18:00 】

029-885-4585

ネットでお問合せはこちら

 

s-DSC05965

東京鋼器株式会社様の本社オフィス

 

今回ご紹介致しましたダンボールは、スチール家具のパイオニアとしてオフィス家具の製造・販売をしております東京鋼器株式会社様からオーダーを頂いた物です。

 

>> 事例トップに戻る <<