事例

一斗缶を入れるダンボールです

1斗缶用みかん箱.jpg

 

一斗缶(18リットル)を入れるダンボールの製作事例をご紹介いたします。

ご提案した一斗缶を入れるダンボール仕様

  • 材質       C5A
  • 内寸(サイズ)       長さ24.3×巾24.3×高さ35.3cm
  • 形状       みかん箱
  • 発注数量     250
  • 納期       PM6時までのご注文で3営業日後出荷
  • お見積      92円/枚

参考のお見積ですが、

印刷無し・数量250枚・関東地区配送料込・税別となります。

 

事例は無地で見積もっておりますが、

印刷をすることも可能です。

別途お見積させていただきますので、

お気軽にお問合せください。

こちらの一斗缶用ダンボールのお見積はこちらから

※上記サイズ・材質を入力いただけましたら、

自由にお見積が出せます。

 

 

一斗缶を入れるダンボールはピッタリサイズ設計がおすすめ

1斗缶用フラット.jpg
一般的に1斗缶サイズは、

約240×240×350mm(高さ)と言われております。
実際に内寸法を設計する際は、

それぞれの寸法にプラス3mm~5mmすることをおすすめいたします。
最低でも余裕を3mmからというのは、
ダンボール箱の内側の寸法(内寸法)は

±3mm程度のブレが出てくるからです。
加工自体は1mm単位で切れ目や折れ目を加工できるのですが、
ダンボールは厚みのある材料でかつ、

中芯と呼ばれるナミナミした模様の部分が 悪さして、

そのスジに沿った方向で折るときに、

微妙に折れ位置がずれてくるからです。
とり急ぎ5mm余裕で設計すると、

長さ243mm×巾243mm×高さ353mmになります。

 

中身がしっかりしてるのでダンボールは薄くても大丈夫

1斗缶フタ.jpg
材質ですが、1斗缶は18リットルですので、

缶自体の重さも入れて18kg強になりますが、

缶自体がしっかりしており、

輸送中の加重も缶自体が十分支えてくれます。

厚みを3mmのBフルートかコストに余裕があれば、

厚み5mmのAフルート、

ライナーは材質C5もしくはさらに強度のあるK5あたりがおすすめになります。
形状についてですが、

みかん箱は初回に木型を作成する必要がなく、

寸法も自由に都度調整が可能です。
また、一番量産に適しておりコストパフォーマンスに優れた形状です。
お使いのダンボールで、

リピート発注時に前回のサイズより、

それぞれプラス2mm大きくなどの変更も出来ますので、

その際はお気軽にお問合せください。

 

 

一斗缶ダンボールの組立ては動画でもご紹介

一斗缶用ダンボール事例でご紹介しました、

みかん箱タイプの組み立て方は、

動画でも確認できますので、

よろしければご参考ください。

 

その他ご不明な点はお気軽にお問合せください。

 

お電話でのお問合せ【 営業時間 平日 9:00~18:00 】

029-885-4585

ネットでお問合せはこちら

 

>>> 事例トップにもどる <<<