事例

折り畳み傘を入れるダンボールです。

s-14.07.02(1)

折り畳み傘を1本入れるダンボールの制作事例をご紹介いたします

 

ご提案した折り畳み傘を入れるダンボールの梱包仕様

  • 材質      K5B
  • 表面色     白
  • 内寸(サイズ) 横5.3cm×奥行5.3cm×高さ22.8cm
  • 形状      上差込下風車式
  • 発注数量    300枚
  • 納期      PM6時までのご注文で3営業日後出荷
    ※初回のみ1日余分に必要になります。
  • お見積     59円/枚 抜型代28,669円(初回のみ)

参考のお見積ですが、印刷無し・LOT300・関東地区配送・消費税別・配送料込みで、外箱59円/枚になります。(初回のみ抜型代金が28,669円プラスになります。)

 

 

サイズを測る場合は若干ずれていても大丈夫

s-14.07.02(2)

s-14.07.02(3)

折り畳み傘などの円柱状で表面が柔らかい素材の物は、寸法を測り難いのですが、プチプチ等の緩衝材を入れる場合は、ダンボールサイズが数ミリ大きめ設計すれば大丈夫です。

今回は正確に測るためノギスを使っていますが、ノギスが無い時にメジャー等で測る場合は、商品の真上にメジャーをあて、一番大きいところを計測すると殆ど誤差が無く計測できます。

※メジャーで計測する場合は、目視する平行線にメジャーと商品があるようにいたします。

この場合、中の折り畳み傘の大きさは直径約5cmで長さが22.5cmとなります。

 

折り畳み傘をしっかり保護したい場合は

s-14.07.02(4)

また中の商品が壊れ物の場合、プチプチ等の緩衝材を入れることをお勧めいたします。

プチプチの大きさは、今回の商品サイズの場合、横を30cmで縦を25cmにカットすると一重巻きで丁度良いサイズになります。

(エアーサイズは一般的な直径1cm気泡の物になります。)

s-14.07.02(4.5)

プチプチを商品に巻く場合は、気泡側を内側にして巻くと、より緩衝性が増します。

 

s-14.07.02(5)

 

プチプチで巻くときは内寸を3mmづつ大きく

s-14.07.02(6)

商品をプチプチで巻いて梱包する場合は、商品の大きさより長さ・巾・高さをそれぞれ3mmづつ大きくした値を箱の内側の寸法として設計いたしますと、ゆとりをもって梱包できます。

 

折り畳み傘のサイズが直径約5cmで長さが22.5cmの場合では、箱の内寸サイズで横.5.3cm×奥行5.3cm×高さ22.8cmで作成いたします。

 

s-14.07.02(7)

また今回のように小さいサイズを梱包する場合は、初回に抜型を作成して箱を作成いたします。

今回のサイズより傘を縦に入れる場合の理想的な形状は、上差込下風車式や上下差込式等があります。

因みに上下差込式でLOT300で作成いたしますと、62円/枚になります。(初回のみ抜型代金が29,445円プラスになります。)

関東地区配送・消費税別・配送料込み

 

 

折り畳み傘を入れるダンボールの組み立ては動画でご紹介

組み立ては動画を見ていただけるとよくわかるかと思います。ソコが風車式といわれるのもわかりやすいかと思います。

 

 

ご不明な点がございましたら、経験豊富なダンボール屋スタッフが対応しておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

 

お電話でのお問合せ【 営業時間 平日 9:00~18:00 】

029-885-4585

ネットでお問合せはこちら

 

>> 事例トップに戻る <<