事例

円筒状のの段ボール梱包

s-2011.11.04(2).jpg

円筒の商品を梱包する段ボール事例をご紹介します。

円筒を複数本入れる段ボール梱包仕様

円筒サイズ直系30mmで、

4本入れるとのことで外側の段ボールと、

中に段ボール緩衝材をセットにした仕様をご提案させていただきました。

 

円筒状の段ボール梱包見積

[ 外箱 ]

    • 材質     K6BF
    • 内寸(サイズ) 長さ30×巾12×高さ12cm
    • 形状     上差込下組式(指穴付き)
    • 発注数量   200
    • 納期    PM6時までのご注文で4営業日後出荷
    • お見積   83円/枚 初回別途木型代36,086円

 

[ 緩衝材 ]

    • 材質     K5中芯120gWF
    • 内寸(サイズ) 長さ11.7×巾11.7
    • 形状     変形
    • 発注数量   400(200セット)
    • 納期    PM6時までのご注文で4営業日後出荷
    • お見積   35円/枚 ※初回のみ別途木型代49,914円

緩衝材は2枚で1セットになります。

参考のお見積内容ですが、

関東地区配送料込、印刷なし、200セットでの単価153円となっております。

別途の木型代は初回のみご請求となり、

リピート発注時には段ボール代のみのご請求となります。

 

 

筒状の梱包段ボールのポイント

筒状の梱包をする場合、

商品同士が緩衝しても問題なければ、

そのまま積み上げて梱包もしくは、

立てて梱包が可能かと思います。

今回は商品同士を緩衝させない仕様になるため、

段ボールの緩衝材をご用意いたしました。

s-2011.11.07(2).jpg

段ボールに筒がぴったり入る穴をあけ、

ソコに商品を差し込んでもらう仕様です。

段ボール緩衝材を使うことで、

商品を空中に浮かせることができるため、

商品同士が緩衝しない梱包が可能となります。

 

 

空中に浮かせると見た目も綺麗です

s-2011.11.07(3).jpg

段ボールを開けると、

商品が綺麗にそろって梱包されているようすが目に入ります。

段ボールの中にスペースを多くとってあり、

また、段ボール緩衝材のおかげで商品が浮いているので、

見た目がとても綺麗です。

逆にスペースを多く取っているので、

その分段ボール代、緩衝材等のコストが割高になってしまいます。

商品保護を第一に考えるときにおすすめの段ボール梱包仕様になります。

 

 段ボール梱包で外箱に印刷をすることも出来ます

外箱にロゴや商品名などを入れることも可能です。

動画で詳細をご紹介。

無地と印刷ありでは、段ボール代が若干割高になります。

ご検討いただく際はお気軽に段ボール屋スタッフお問合せください。

お電話でのお問合せ【 営業時間 平日 9:00~18:00 】

029-885-4585

ネットでお問合せはこちら

 

>> 事例トップに戻る <<