事例

マグカップ用緩衝材付きダンボール

s-2013.08.22(1).jpg

マグカップを入れるダンボール製作事例です。

緩衝材が一体になったマグカップ用ダンボールです

s-2013.08.22(2).jpg

展開してある平らな状態で見ると、

どのような仕様になるかわかりにくいかと思います。

組立てると、直系10cmの高さ9.5cmほどのマグカップを

ダンボール緩衝材が上手く機能するような仕様となっております。

 

 

マグカップ用ダンボールの素材について

s-2013.08.22(3).jpg

ダンボールの素材は、厚み約1.5mm程度のEフルートがオススメです。

折り返しや差込など、

厚みがあると組立てにくい形状となります。

Eフルートで作ることで、

見た目が綺麗に仕上がります。

 

 

店頭用ディスプレイとしても使えます

s-2013.08.22(7).jpg

仕上がりが綺麗なこの緩衝材が一体になった、

マグカップ用ダンボールは、

そのまま店頭でダンボールに入れたまま展示できます。

今回のご紹介している事例は無地ですが、

印刷をするとさらにオリジナル感が出せます。

オリジナルのロゴ印刷ダンボールの手配の仕方は、

動画でご紹介しております。

 

緩衝材とダンボールをそれぞれ別で発注すると、

管理が増えて大変になります。

そんな時に緩衝材1体型のダンボールは、

余計な付属がないため管理が楽です。

 

その他ダンボールのことでご不明な点はお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せ【 営業時間 平日 9:00~18:00 】

029-885-4585

ネットでお問合せはこちら

 

>> 事例トップに戻る <<