オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加




<段ボールの各仕様編>
印刷について(印刷仕様・印版)

Q1: 無地で頼みたいが識別用の数字を印字して欲しい。
A. 一通りの数字とアルファベットの印版は共通に使えるように用意してございます。
こちらは印版代金が発生せずに印刷できますので、必要な方はお気軽にお申し付けください。
但し「認識用」としての印刷でして、あまり長い文章は作りかねますので、ご了承ください。
←目次ページへ戻る

Q2: 以前作った印版を別寸法の段ボールに印刷したい。
A. 一度お作りした印版は「印版作成済み」からご注文いただくことで、過去お作りした印版を選択できるようになってございます。
そこでご指定いただくことで、別寸法の段ボールにも印刷できます。
但し、印刷内容よりも印刷面が小さい場合は使えません。
また箱の全面につながっているような印刷や、蓋(フラップ)を含んだ全面への印刷に使った版は、使い回しが利きません。
その場合、箱の寸法が変わったときには新たに作り直す必要がございますので、ご注意ください。
←目次ページへ戻る

Q3: 他社で使っていた印版を横持ちして使えますか?
A. 印版であれば使えます。
版下データやフィルムだけでは、印版を改めて作る必要があります。印版はゴムや樹脂で出来た凸版です。
横持ちできる場合は印版代金を必要としなくて済みますので、お気軽にお問合せください。
←目次ページへ戻る

Q4: 初めて印刷をする場合は納期が遅くなりますか?
A. いいえ。印刷原稿の校正・確認が終り次第、手配になりますが、そのペース次第になります。
例えば「おまかせ簡易印刷」でご依頼をいただき、1時間後にお送りするFAXに対して、その当日中にお客様との確認が終われば通常段ボールの出荷ペースと同じになります。
「ロゴ等詳細印刷」の場合は、あらかじめお客様の方である程度のデータをお持ちであれば、 同じようなペースになりますが、イメージやイラストの作成を当方にご依頼いただいた場合などに限り、 1日程度多くかかる場合がございます。
←目次ページへ戻る

Q5: ダンボールの裏面にも印刷をし、両面に印刷したい。
A. ダンボールの裏面への印刷は可能です
しかし問題点もあります。
1点目は、コストが通常の面への印刷よりも高くなります。
弊社の印刷設備は、印刷を施しながら折線や切込加工も入るようになっております。 その際の折線は表側と裏側で異なるため、裏面だけに印刷を施す場合でも 印刷を施した後、表側の印刷が有っても無くてももう一度同じ機械を通す必要があり、 工程を2回通す必要があるため、工賃も時間も多く必要になるのです。
2点目は、箱の強度が若干落ちてしまう点です。
箱にしたときの強度を保つために、弊社ではダンボールを加工する際に発生する潰れを 極力防ぐように生産しております。 段つぶれと呼んでおりますが、印刷を施す面も印版で圧をかけるので若干つぶれますが、 それ以上に機械の中をダンボールを送っていく際にかかる圧が2重にかかりますので、 どうしても1回だけ通して作る場合に比べて、段つぶれが多く発生してしまいます。
3点目は、思ったほど綺麗に印刷できない点です。
ダンボール板には表と裏があり、表は綺麗な1枚の紙に見えますが 裏側には黒っぽいスジ模様がでてしまいます。 これはダンボールを板状に成形する際に発生してしまうものでプレスマークと呼んでいます。 このスジ模様が黒っぽい色のため、印刷を施しても印刷色が映えず、ちょっと汚く見えてしまいます。
それ以外に、少し特殊な製法になりますので、寸法や形状などによっても制限が出てまいります
これらの制限をクリアーするように必要でしたらアドバイスさせていただきますので、 ご要望の際はどうぞお気軽にご相談ください。
←目次ページへ戻る

Q6: ダンボール箱自体の大きさが変わっても印版代金は同じですか?
A. 印版代金はダンボールに印刷するための版(樹脂版)を作るための料金です。
その印版は印刷内容の大きさに合わせ作られ、その大きさが大きいほど 料金が高くなり、小さいと比例して安価になります。
その出来上がった版を、寸法の大きい箱に印刷して使っても 小さい箱に使っても印版自体の大きさが変わらなければ、印版代金は同じです
ただしダンボール箱そのものの金額(単価)は変わってきますので、ご注意ください。
←目次ページへ戻る

Q7: 余っている出来上がったダンボール箱に印刷して欲しい。
A. ダンボール表面への印刷は、ダンボール板が1枚の平たい状態でおこないます。
そのため一旦、ダンボール箱になるように糊代が接着されてしまった厚みのあるものは 印刷機を通すことが出来ません。
糊代を綺麗に剥せても、切込みや折線などが印刷機の中で引っかかってしまい 通せないのです。
恐れ入りますが一旦無地で作ってしまったダンボール箱への印刷は出来かねます ので何卒よろしくご了承ください。
←目次ページへ戻る

Q8: 2色印刷より1色印刷の方が安いですか?
A. 2色印刷でも1色印刷でも、ダンボール箱の材質・寸法・数量が同じであれば ダンボール箱の単価は同じ金額でお作りしております。
ただし初回のみ必要になる「印版の代金」が変わってきます
印版代金は印刷内容の大きさで変わってきますので、 全く同じ印刷内容で、例えば両正面と側面の印刷色を変えるような場合は 金額に大差がございません。
しかし全面の文字に外枠をつけて文字を強調させるような内容ですと 印版として同じ大きさのものを2重に作るようになりますので、 印版代は倍程度にふくれてしまします。
印版代は印刷内容次第になりますので、まずはお気軽にお問合せください。
←目次ページへ戻る

Q9: 印刷内容の変更はいつまで可能ですか?
A. 物理的な印版を作ってしまうと修正できませんので、デザイン原稿というデータ状の時点までになります。
「おまかせ簡易印刷」「詳細印刷」どちらで印刷を手配しても必ず印刷内容の校正を確認させていただいております。
その時点で変更があれば修正しますが、修正しても必ず最終内容の校正をご連絡させていただきます。
デザイン原稿の時点で了承をいただくと、物理的な印版を作成してしまいますので、出来上がってしまった印版は 樹脂版で出来たものとなり、修正が出来ません。
お客様から校正のご了承をいただく時点で、修正が出来なくなりますのでご注意ください。
その後、変更をする場合は、印版を作り直す必要があるため、印版代金の実費が必要になりますのでご注意ください。
←目次ページへ戻る

Q10: 以前作った印版のうち住所や番号など一部分だけ変更したい。
A. 修正部分が、他の修正不要の部分からデザイン的に大きく離れていれば、一部分だけの修正が可能です。
その場合、印版を全部作り直すよりも安価にできます。
しかし、デザインが密集している場合は一部分の変更はできないため、作り直しとなってしまいます。
印版は樹脂で出来ている普通のゴム版のようなもので(樹脂版ゴム版があります)、それを輪転機にセットして使います。
その際、印刷内容上下に引っ張られてセットされるため、一部分だけ作って貼りなおすと、 印刷内容が歪んでしまったり、また印刷中にその修正部分が欠けてしまうなどの事故が起こってしまいます。
具体的には他のデザインからどの方向にも10cm程度離れていれば、弊社では一部分の修正を受け付けております。
また修正部分自体がどうしても他デザインに近くても、その面だけを作り直せばいい場合などもあり、 全体のデザインとの兼ね合いも考慮する必要があります。
その他、修正不要部分の印版の古さ等も影響してきますので、まずはお気軽にご連絡、ご相談ください。
←目次ページへ戻る


メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2017. 段ボール屋 All right reserved