オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加



<< よもやま話トップに戻る

よもやま話 391話〜420話

【よもやま話391:レプリカとダンボール】


レプリカというと、模造版というイメージでコピー商品に多く使われるようになっています。

しかし、レプリカという正しい意味は製作した本人の手によって、コピーが作られることを言います。つまり、言葉の意味としては現在のものは正しいとは言えないものとなっています。

レプリカとして多く使われるものに絵画があります。

レプリカ専門の画家がおり、わざとそれを書かせたという話をうんと昔に聞いたことがあります。歴史的に名のある画家もそれを専門に始めた方もいるそうですが、スポンサーが付かなければ稼げなかった芸術家にとって、仕事として成り立っていたとも言われています。名画をかく画家として一人前にならなければ作品を買ってもらうことはおろか見向きもされなかったでしょう。有名になるまで、とても苦労した方は多いと聞きます。

さて、現在では広義的に使われている「レプリカ」という言葉ですが、贋作はレプリカとは呼びません。

贋作とは嘘、偽物だとは言わずに販売されたものを指しますので、明らかな偽物ですし、本物として販売した場合訴えられてもおかしくないものです。これはブランド品には多く有るようで、本物と同じくらいの値段、あるいはほんの少し安い価格で販売されていたりします。これらのほとんどが大量生産されることが多く、摘発という形で捕まってしまうのがオチです。少量作っただけでは稼げませんし、それを作るにも製造機器が必要になるため大量生産されることが多いのです。良くないですよね。

ちなみに複製画というのはレプリカの中に入るそうです。

絵画を買われた方の中には「リトグラフ」を手にされる方もいます。

物によっては数万円とうものもあり、本物との違いや価値、あるいはレプリカとの違いを考えるそうですが、レプリカはあくまでも版を使った印刷されたポスターのようなもので、作者が枚数を決めて刷ったものもあるそうです。この場合、比較的現在に近い画家の作品になると思います。裏には100枚のうち2番目に刷ったという印が「002/100」のように記されるそうです。つまり、レプリカとは違う高価なポスターとなります。手に入りにくいものならそれなりに価値あるもののようです。リトグラフはダンボールにきちんと貼って飾ってもいいですし、高級な額に入れて眺めてもいいですね。

リトグラフの作品は、有名画家にも多くいます。展覧会などでは数量限定で販売もされているようです。本物ではありませんが、飾っていつでも眺められる点は良いでしょう。


よもやま話392:リバイバルとは
リバイバルとは再現や復刻、復興といった意味があります。往年、人気があった歌などが若手の歌手によってリバイバルとして登場したりしています。

よもやま話393:香辛料って?
香辛料はアジアンチックな料理には欠かせないものです。

よもやま話394:マクロビオティックとは
病気をすると食事にも気を使うようになりますが、難病と言われる方や野菜中心の食生活に切り替える方が辿り着く先に「マクロビオティック」というものがあります。

よもやま話395:ピラティスとコア
コアトレーニングで検索しても出てくると思いますが、コアを鍛えるには最適な運動です。

よもやま話396:フェルト・ダンボール・使い道
フェルトとは絨毛のことですが、使い道としては様々にあります。

よもやま話397:学祭の時期とダンボール
あちこちの大学で学祭が行われ、アーティストを招待してミニコンサートが開かれる大学もあるようです。

よもやま話398:獅子舞とダンボール
お祭りには欠かせないダンボールですが、どのようなお祭りでも道具というものが必要です。

よもやま話399:チーズいろいろ
ワインやビールのおつまみとしてチーズは最適だと思います。

よもやま話400:エビあれこれ
大きいことや調理法が似ていたりすることが原因だと思いますが、ロブスターはアカザエビ科のロブスター属だそうです。

よもやま話401:ホールのいろいろ
ホールという言葉で遊んでみたいと思いますが、色んなものがありますよね?

よもやま話402:リボン・包装・ダンボール
リボンにはいろんな種類がありますが、花屋さんで使われるものは幅が広くゴージャスなものが使われている気がします。

よもやま話403:味噌のいろいろ
味噌というと日本の味で、味噌汁や味噌炒め、味噌和えなど日本の料理には欠かせない調味料です。

よもやま話404:おつまみ豆とダンボール
小さいお子様やお年寄りのいるご家庭で注意してほしい豆があります。それは、「ピーナッツ」です。

よもやま話405:カニカマとソフトイカって?
食材を買って食べたとき、「ん?これは本物なの?」と思うことってありませんか?

よもやま話406:乾物とダンボール
乾物はあってもじゃまにならず、おかずの献立に困ったとき、水で戻しさえすればいつだって使える食材だと思います。

よもやま話407:額縁・ポートレート・ダンボール
額縁とは、絵画や書などを飾る木製の縁のことを言いますが、本来は建築用語として使われており、建物の一部だったと言われています。

よもやま話408:パズルについて
パズルとは不可思議、難しいなどの要素がありながらも、必ず解けるものとされています。

よもやま話409:ティッシュのアイディア
現在のティッシュの箱、どのくらいの厚みがあるのでしょうか?

よもやま話410:アルミホイルとダンボール
捨てる際に困ってしまうアルミホイルですが、自治体が指定している方法で処分をするといいでしょう。

よもやま話411:クッキングシートとダンボール
クッキングシートはあると便利なもので、お菓子作りをされない方でもおいておくと何かしら使えるものとなっています。

よもやま話412:ロックとダンボール
ダンボールにロックという言葉が使われていますがご存知でしょうか?

よもやま話413:練り物いろいろ
練り物で思い浮かぶものとしては魚肉系のものになると思います。

よもやま話414:折り畳みとダンボール
ダンボールもそうですが、使わないときに「畳んでしまえる」というのはとても便利です。

よもやま話415:ホワイトボードとダンボール
現在は、企業の殆どが使っている「ホワイトボード」ですが、昔は黒板が用いられていました。

よもやま話416:風鈴と夏
最近では外国産のものも増え、沢山の種類ものものがあり、バンブーや金属製のものだとドアベルとして使っている方もいます。

よもやま話417:タイマー
朝になると寒けを感じても、タイマーさえ付けていれば起きてスイッチを止めなくてもきちんと止まってくれています。

よもやま話418:船と祭り
船の祭りは漁港がある街だとどこでも行われているようです。

よもやま話419:徒競走・駆けっこ・ダンボール
徒競走とはいわゆる駆けっこのことですが、運動会では小学校低学年の子供たちの演技種目に入っています。

よもやま話420:フリーダイヤルって
フリーダイヤルって、電話をかける側からすればとても便利なものです。



<< よもやま話トップに戻る


メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2018. 段ボール屋 All right reserved