オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加



<< よもやま話トップに戻る

よもやま話 301話〜330話

【よもやま話301:モノトーンとダンボール】


モノトーンというのは色の濃淡だけで表す手法ですが、色は単一色となるようです。

雰囲気からするとスタイリッシュになると思いますが、これをダンボールに取り入れたらきっと素敵なものになると思います。暖かな色味のクラフト色に白が加わって、その濃淡というのも素敵だと思いませんか?単にクラフト色だけよりも光が加わる感じでおしゃれ感が増すと思います。

単一色ではなく複数の色をリズムを刻むように変わっていく様子のものはグラデーションというそうです。

単一色でグラデーションを作るとしたら、白から灰色、黒となるようです。逆に言えば、黒、灰色、白と移り変わっていく色味です。

つまり、光の入り具合を考えたら分かると思いますが、自然に変わっていく様子を表す色味だと思います。

このようなカラーの使い方は、色彩を学ぶ資格やお稽古事では必須項目のようで、デザイナーやコーディネーターという名がつく職種には不可欠だとされています。

ダンボールでも印刷をするとなれば専門の方にデザインしてもらうと思います。商品イメージを高くする広告宣伝となりますし、箱を置いてあるだけで興味を沸かせる方法というのはゲームソフトの発売日にも取られている戦略だそうです。

確かに魅力ある商品の箱がたくさん並んでおり、購買意欲を沸かせるデザインだと絶対に欲しくなるでしょう。

モノトーンは単一の色ですが、むら染めなどもそのように言っていいのでしょうかね?

濃淡で表現される図柄もありますが、モノトーンとはイメージ的に違う気もします。しかし、ひとつの色でも表情が出るため、何年経っても人気のあるデザインの一つとなっています。ナチュラルテイストの素材であれば、自然派志向の人にも選ばれていますし、レゲエが好きな方にも民族衣装的感覚で愛用されています。

ロックが好きな方だと、散らしたような染色であれば好まれるそうです。色味的には黒や赤という感じになるかもしれません。数色が混ざればグラデーションにはなりません。刷毛で距離を置いてペンキを飛ばしたようなイメージのものだとダイナミックなものができます。ただ、この場合、濃淡が表現できるかが微妙ですが。。。

しかし、クラフト色の濃淡はいいと思いますよ。

もしそのようなダンボール家具があれば取り入れてみたいですし、箱をシリーズで置いてみてもいいと思います。カラーボックスにセットするボックスというのもイメージ的には良さそうな気がします。


よもやま話302:ピール・垢
ピールというのは果物なら皮の部分ということになるのでしょう。皮を蜂蜜漬けにしたり、砂糖で煮てみたりいろんな調理方法があるようです。

よもやま話303:サングラスあれこれ
サングラスの役割は、日差しや眩しさを解消するもので、目の病気がある方だと日常的に必要になるようです。

よもやま話304:レント(RENT)って?
以前、キャンピング用品を借りようと思いいろいろ探したことがありますが、そこで不思議に思ったことがあります。

よもやま話305:アパート・マンション・ダンボール
賃貸物件を借りるとき、「今度、マンションに引っ越すの」と言ったら優越感がありますし、羨ましいと思う方もいると思います。

よもやま話306:マヨネーズについて
マヨネーズとは卵や酢、オイルを混ぜあわせて乳化状にした半個体状のソースです。フランス料理ではソースはとても大切なモノです。

よもやま話307:ケチャップとダンボール
ケチャップ替りにトマトソースを使っても同じ味にはなりません。赤い色からトマトだけが入っているというイメージです。

よもやま話308:メキシカン料理について
メキシカン料理というと、辛くて美味しい、物によっては歩きながら食べられるので人気だと思います。

よもやま話309:小冊子とダンボール
小冊子は呼んで字のごとく、冊子ですが小さめ、あるいは薄いものをいいます。印刷をお願いする場合、発行部数が少ないなら比較的安い印刷方法でお願いすることもできるようです。

よもやま話310:パンフレット・リーフレット・ダンボール
パンフレットとリーフレット、一見同じような感じに受け取られているようです。大きな違いは、一枚の紙になったものか、冊子になっているかだと思います。

よもやま話311:季刊とは
季刊とは「季」の季節、「刊」の刊行物ということで、1年に4回発行される刊行物のことです。

よもやま話312: 酢のあれこれ
体に良いと人気の「お酢」ですが、原料によって様々なものがあります。日本では米酢など穀物酢が一般的で、お漬物などにはリンゴ酢などを用いたりします。

よもやま話313:ブログ・ホームページ
初心者だとブログとホームページの違いが分からなかったりし、経験者からどちらいいのかを聞き出すそうです。

よもやま話314:卵もダンボールも凄い
卵は、生産者からダンボール詰にして運ばれてき、パック売りなら専用の容器に入れて出荷されていきます。

よもやま話315:ポーク缶とダンボール
ポーク缶ってご存知でしょうか?これは豚肉や牛肉などの加工品ですが、缶詰になったものです。

よもやま話316:蒲焼って?
蒲焼は美味しいですが、土用の丑の日というとうなぎになるかと思います。夏真っ盛りで暑い時期にあちこちでのぼりを見かけるようになります。

よもやま話317:いろんな蟹
蟹の種類はとても多いそうで、数千種という数が世界中にいるそうです。日本では主に2種の蟹が食べられており、カニ類とヤシガニ類に分かれるそうです。

よもやま話318:豚について
大好きな食材に「豚肉」があります。恐らく週に2回は食べていると思いますが、それなりにこだわりがあり、国産のものを選んで食べています。

よもやま話319:牛・肉・日本
牛というと、お肉や牛乳を私たちに提供してくれる家畜ですが、他には種牛として育てている農家もあるようです。

よもやま話320:卵・調理・種類
卵はどのご家庭にもあり、何も無い時でも卵焼きとご飯さえあればという方もいます。

よもやま話321:天然着色料
天然の着色料ってとても魅力的だと思いますが、ダンボールのように木の色そのものも、自然を感じさせるので好きです。

よもやま話322:油の種類
料理に使う油は主に2種あります。ひとつは植物性のもので、もうひとつは動物性のものです。

よもやま話323:バターとマーガリン
バターマーガリンの違いが分かるでしょうか?生クリームからつくられるのがバターだそうで、マーガリンは食用の油脂から作られるそうです。

よもやま話324:いろんなストロー
ストローというのは英語で「straw」と書きますが、これは麦わらという意味があります。

よもやま話325:夏帽子あれこれ
帽子はファッションとして取り入れるものと実用面に応じて取り入れるものがあります。

よもやま話326:磁石が使われた物
磁気が使われたものには健康器具として取り入れられているものが多くあります。

よもやま話327:メッセンジャー
メッセンジャーは自転車などによって個人の荷物をいち早く届ける仕事をしているそうですが、最近はあまり聞かれなくなりました。

よもやま話328:針山・針
針は普段から使っていないと針山と空気に触れている部分の境目が錆びてくることもあります。

よもやま話329:手帳・選び方・種類
いくらコンピュータ時代だからといって、全てをパソコンや携帯電話、スマートフォンで管理するには無理があると思います。

よもやま話330:小麦粉あれこれ
小麦粉をメリケン粉というのは関西方面に多いと聞いていますが、外国人が多く住んでいる沖縄の方でもそう呼んでいるそうです。



<< よもやま話トップに戻る


メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2018. 段ボール屋 All right reserved