オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加



<< よもやま話トップに戻る

よもやま話 241話〜270話

【よもやま話241:雨の原理とダンボール】


ダンボールはリサイクルの優等生である、ということは子供でも知っていたりします。

またダンボールの板を横から見るとナミナミした模様の紙をサンドイッチのように挟み込む形で表裏の紙がある構造も知られています。

しかし「どうしてダンボールってリサイクルできてるの?」「そもそもどうしてダンボールの中はナミナミしているの?」 と聞かれても明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか?

ダンボールの構造や材質、リサイクルされる過程やその仕組みについての説明は別ページに譲るとして、これと同じように意外と知らない原理って意外と多いものです。

雨が降る原理もまさしくそうです。

実は筆者も漠然と知っているだけで、詳しいことは分からなかったりします。

なぜ雨が降る原理について書いているのかというと、娘から「ねえ、どうして雨が降るか知ってる?」と聞かれたのを思い出したのです。

簡単に「雨雲があるからでしょ?ほら、積乱雲とかあるじゃない」なんてとても簡単に、しかもかなり知ったかぶりで返事をしたのですが、「うん、たしかにそうだね」と前置きして、説明してくれたのです。

娘が言うには、太陽などで地面が熱くなり、その蒸気が空に上がって雲となり、その雲が雨を降らせるというのです。

それを聞いて「あら、それじゃあ、熱くなったら自然と雨が振るような仕組みになっているのね!素晴らしいね!」と言ったのですが、その後に疑問が出たのです。

例えば、熱くなりすぎて地面が乾いた土地に雨を降らせるべき雨雲が、強風などによってよその土地で雨を降らせたらどうなる?などです。

これは筆者自身が漠然と考えただけなのですが、壮大な宇宙からすると、雨がほしい地域のみに的を絞るのはかなり難しいしょう。しかも自然現象ですのでコントロールすることは不可能だと思います。

ただ、雨を降らせる研究というのは行われているようで、空から銀の粉末を撒くのだそうです。

なぜ粉末を撒くのかというと、雨として成り立たせるには水蒸気として引っ付く核というものが必要で、雲が対流している中には小さな塵も混ざっており、それに水蒸気が引っ付いて氷の粒などの結晶になり、寒い冬ならば雪のまま、あるいは氷のまま降るのだそうです。

暑い季節だと、重力に逆らえず落ちる過程で水、つまり雨となるのだそうです。

水蒸気として空に上がるものは地面からだけではなく、海水や川、池などの淡水も同じで、常に循環している仕組みがあるために水が枯れることはないそうです。

娘は簡単な説明をしてくれましたが、詳しく調べてみると本当にそのとおりで、途中で氷や雪は省略されていましたが、うまく話せたと感心してしまいました。

大人になると知ったかぶりで何でもスマートに話をしようという癖が身につくからか、漠然と知っていることって多くなる気がします。

たまには子供のように、純真な心で何かを学ぶというのは必要かもしれません。昔遊びや、理屈なしの行動というのも新しい発見に繋がる気もします。

ダンボールもそうですが、何も無いところから何かを生み出した有名な方、企業のトップは、そういった心の持ち主といえるのかもしれません。


よもやま話242:昆布について
昆布の産地と、消費量が多い地域って知っていますか?昆布が取れるのは北国で、産地となっているのは主に北海道となっています。

よもやま話243:のりとダンボール
度々、昔の話をしている筆者ですが、糊が家にないときには、ご飯粒を潰して家庭訪問調査票に資料を貼り付けたことがあります。

よもやま話244:ターバンって?
日本でも「ターバン」というものが人気となっており、多くの方がご存知の海外のものではありません。

よもやま話245:レジとダンボール
レジとダンボールといえば、スーパーなどが浮かびますが、大型デパートでもオシャレなショップでも欠かせないアイテムです。

よもやま話246:広告看板について
国道を左折する角にあるのですが、見通しが良いことから複数の広告看板を掲げていました。

よもやま話247:窓・木・ダンボール
窓と木、木造の家だとぴったり来る感じがします。アルミサッシではなく、木枠にはめられた窓ガラスのことです。

よもやま話248:根菜とダンボール
根菜とは、根の部分を食べる食物のことで、ワサビだと根茎という部分をすりおろして薬味としていただきます。

よもやま話249:青野菜とダンボール
青野菜は主に、陽の光を浴びて育つ食物です。葉野菜などが代表格で、青々とした葉っぱが生い茂るのは春以降から夏にかけてとなります。

よもやま話250:MT車とAT車
ウインカーという言葉を調べると、懐かしい言葉が出てきました。確か自動車教習所では「方向指示器」と呼んでいた気がします。

よもやま話251:大豆・便秘・ダンボール
ダイエットをしたい、あるいは便秘に悩んでいる方がいれば、大豆製品はとてもオススメなのでちょっとだけ耳を傾けてみてはどうでしょうか?

よもやま話252:納豆・健康
皆さんは納豆好きですか?筆者も大好きで、子供たちにも小さな頃から与えていましたので、おやつがわりに食べてしまうほどです。

よもやま話253:梅干のおはなし
梅干をつける時期はちょうど梅雨の時期で、その頃のスーパーにはたくさんの梅が店頭に並ぶようになります。

よもやま話254:ごぼう・根っこ
ごぼうって根の部分を食べているわけですが、正直「樹の幹を食べている」という味と食感があります。

よもやま話255:握りのおはなし
握りというものは古くからあったものではなかったそうで、日本で生まれたジャンクフードと表現する方もいます。

よもやま話256:飾り寿司をダンボールで挑戦
恵方巻きというものがありますが、これは節分に食べるお寿司として知られています。大阪が発祥だとされていますが、様々な説があるようです。

よもやま話257:ドアとダンボール
ドアは住居には欠かせないもので、ワンルームのアパートで仕切りがないという空間にも必ず2つ以上のドアがあると思います。

よもやま話258:信号機について
信号機を見ていて不思議に思うことは、緑に見えるものを何故「青」と呼ぶのかです。

よもやま話259:グアバ・茶・実
グアバというのは南国特有の果実ですが、これは実も葉も使える万能植物です。

よもやま話260:複合機を買ってみて
パソコンを用いて本格的に仕事をするようになってあしかけ6年になりますが、最初は1万円のプリンタを手に入れました。

よもやま話261:石焼き芋とダンボール
最近は、冬でもないのに石焼き芋の車を見かけます。たしかに美味しく、呼び止めて買いたいと思うこともあります。

よもやま話262:ヤスリのいろいろ
ヤスリは何かを削るときに用いる道具です。身近なものですと爪やすりがあり、一般の爪切りには標準装備されています。

よもやま話263:伝票・整理・ダンボール
帳票類が全て会計ソフトに変わったとしても、お得意様とのやりとりは持ち出しや郵送ではないでしょうか。

よもやま話264:モノクロとダンボール
モノクロは、単一色のもの、白と黒や灰色、他の色が混ざらないなどの意味があるようです。

よもやま話265:お手玉について
今は、遊び道具ではなく飾り物としてあるようなお手玉ですが、昔は女の子の遊び道具として用いられたものです。

よもやま話266:お年玉とダンボール
現在のお年玉の相場っていくらなのでしょう?筆者が子供の頃、地域によっては100円や200円というところもありました。

よもやま話267:金貨・銀貨について
金貨や銀貨などのコインはゲームではおなじみのものです。実際に、アクセサリの地金で価値があるものは金となっています。

よもやま話268:時計
我が家には時計というものがありません。時計が好きな方、あるいは壁にかけられた時計で時間を見ている方には信じられないでしょう。

よもやま話269:チョコレートあれこれ
チョコレートを選ぶとき、甘くて美味しいもを選んだ結果、「苦いものだった」という方もいるのではないでしょうか?

よもやま話270:水の種類とダンボール
水はネット通販だと単価的にすこしばかり高くても運んでもらえるというメリットがあります。



<< よもやま話トップに戻る


メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2018. 段ボール屋 All right reserved