オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加



<< コラム先頭に戻る

【 段ボールが誕生した年の日本 】

日本で段ボールが誕生したのは1909年(明治42年)ですが、当時の日本はどのような国だったのでしょう。

少し調べてみましたが、美容家として有名な故山野愛子が1月20日に生まれています。

この時代で「これからは女性も自立する時代」であることを母に言われ続けていたからでしょうか、彼女は1925年に日本で始めてパーマの技術を普及させたのです。9年後には東京に美容専門学校も開設しました。

当時のパーマは、公務員初任給の7分の1という高額なもので、時間も半日がかりと大変なものでした。ですので、女性達は半年は持たせることができるように考えていたようです。3ヶ月に一度のパーマネントは非常に贅沢だとされていました。

半日がかりのパーマを今しなさいと言われると、贅沢な成分や効果が高いもので無い限りやる人はいないでしょうし、当時の女性達の努力が窺い知れるというものです。

その後、コールドパーマが登場し普及をしていきましたが、伝説のパーマといわれる紀元前3000年ごろのものは、湿った土を髪に塗り、木の枝に巻いて1ヶ月放置し、カールを作ったようです。しかも直射日光にさらすというのですから、髪の毛のダメージと頭皮への負担は物凄いものではなかったでしょうか?考えただけでも気が遠くなってしまいそうですし、土と木の枝、髪の毛の重みに耐えながらでも「美しく」という「女の執念」すら感じさせます。

女性の美へ対する気持ちは昔も今も変わらないということなのでしょうね。

先に登場した故山野愛子も、関東大震災後に目にした女性のみすぼらしさから、美の大切さを痛感し、山野結髪所を開業したのです。

段ボールも戦後に見直され、道路整備が進むと共にどんどん普及したようです。

さて、近代女性のさきがけとして活躍した彼女ですが、近代の物ばかりを取り入れたのではなく、日本の伝統ある着物に関しての書物も出しており、伝統美の継承にも一役買っています。ただ、和装関係の書物は同様の図書と比べ、厚化粧だと言われています。故山野愛子や弟子、親族が担当しているようですので、グループの特徴なのかもしれません。

現在は孫の山野愛子ジェーン(孫)が2代目を継ぎ、お笑いコンビ品川庄司の品川祐も孫にあたるのだそうです。

ヤマノグループ創始者として財を成した彼女ですが、大富豪と結婚し財を成したというわけでもなく、現在の日本郵政株式会社(逓信省)に勤める男性と結婚をされています。

母親から言われてきた「女性も自立」という言葉を実行されてきたことでこれだけのグループにしたのです。

国産段ボールを作り出した井上貞治郎の努力も凄いですが、美容家として活躍した彼女のバイタリティーも凄いものです。

コラム:風水の作業で生かしています
「風水」でいう西の方角に置く「黄色い物」がなかなか手に入らなく、仕方ないので自作を考えているのです。

コラム:子供は面白い
子供はどんなものでも遊び道具にしてしまいます。大人が持っているものに興味を示し小包の箱でも欲しがるのです。

コラム:園芸店では大活躍
ガーデニングや盆栽など植物が好きな方なら園芸店にもよく足を運ぶことと思いますが、園芸店から持ち帰った段ボールは、そのまま移植作業にも使えますし、植物の手入れに、一時的ですが使うこともできとても重宝します。

コラム:年末の銀行にあるカレンダー
年末の銀行というと何を思い浮かべるでしょう?銀行によってカレンダーをシリーズ化しているところもありそれを目当てに訪れる方もいます。しっかりとした紙質で、絵柄も選ばれていますので壁に貼ってもさまになる物が多いのです。

コラム:嬉しかった「福段ボール」
幸先の良いスタートを切るためにあちらこちらのショップでは「福袋」を準備していることと思います。「使いきれない物をギュウギュウに詰めてお送りします。」と書かれた「福・段ボール」を手に入れて嬉しかった時のお話です。

コラム:石鹸の箱をLD入れにしています
石鹸の香りがする箱って意外な観点で面白いと思いませんか?我が家では押入れに数十枚のレーザーディスクが、石鹸が入っていた段ボールにぎっしりと、入ってしまわれています。

コラム:荷物運搬の道具
昔の荷物を運ぶ手段は手を使い足を使って運ばれました。荷物運搬の歴史を考えると、台車はともかく、物を入れる「箱物」のほとんどが段ボールに繋がっていることが見えてくるのではないでしょうか?

コラム:昔、勉強した「みかん箱」とは
ある程度の年代の方は、みかん箱で勉強し灯りはろうそくだった、と聞きます。しかし比較的安い値段で手に入れられる段ボールの箱で、果たして机のような強度があるのか、疑問に思いました。

コラム:剥製の貯金箱の話題から
豚の剥製を使った貯金箱が注目を浴びているようです。原形を想像すると食べづらくなりますが、これからの世の中、どうやって食べていくかといったことも考えなければならないと思うのです。

コラム:お正月といえばみかん
お正月といえば「みかん」が浮かびます。一般的なものだと「温州みかん」になるかと思いますが、地域によってはいろんな種類が有り、産地だと収穫時期によってよりおいしいものが食べられます。



<< コラム先頭に戻る


メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2018. 段ボール屋 All right reserved