オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加

ライナー(らいなー)

ライナー ダンボール板のナミナミした模様の部分をサンドイッチのパンの部分のように挟んでいる、表裏の平らな紙の部分をライナーと呼んでいます。

ライナーの種類に関してはJIS P 3902で規定されています。
ただしそこではAA級紙〜C級紙というグレードや重さに対しての、圧縮強さ、破裂強さという見方でライナーを分類・規定しています。
しかし実際に市場に出回るライナーはAA級とかB級とかのグレードでは呼ばれず、 C5、K5、K6など全く別の観点から分けられた種類になるので、 少なくてもダンボール箱を企画する段階でJISのそれを見てライナーを云々という作業は殆ど無いです。

2010年現在、普通に入手できるライナーは下記の種類になります。
  C5,K5,K6,K7
左が弱く、右に行くほど強いライナーになります。
たったこれだけになってしまいました。

ちなみに「段ボール屋」のホームページを立ち上げた頃は
  D4,C5,C6,K5,K6,K7
と2種類多くあり、かなり細かいライナーの選択が出来ました。

Dライナーは100%古紙から出来ていて、Kは殆どバージンパルプから、Cはその中間くらい。
という曖昧な設定でしたが、現在はKライナーでもその殆どが再生古紙から作られているようです。


アルファベットの後に続く数字は重さを表していて、昔の「モンメ」の名残です。
Cライナーで重さが5モンメ、、、といった感じで使われていたそうです。
もっとも今はその単位すらありませんし、当時のそれと同等という位置づけでそのまま使われています。

ライナーの種類はすべてこのような感じで、昔の○○と同等品ということでメーカーがその実際の重さや強度を 都度調整(グレードアップ)してしまいますので、特に弊社のようにそれを仕入れて使っている立場では、 闇に包まれた部分で勝手に中身を変えられているようで、あまり良い印象がありません。
弊社では定期的にこちらから使用ライナーに関してメーカーに問合せています。

この曖昧なライナーの名称をキチンとさせるため、一部の表記ではC180とかK200とか アルファベットの後の数字をグラム数で表している場合もあります。
JAさんの箱のフタの部分などを見てみるとこのライナー表記になっていることが多いです。

Dライナーはとても安価なライナーだったため、一時期の材料価格高騰の時、古紙価格が異常に高騰し、 それに対する売価が安すぎたため、採算に合わないライナーとして淘汰されてしまいました。
C6は強度的に殆どK5と変わらない割りに、厚みがあり、生産コストは殆ど変わらなかったようですが、 価格設定としてどうしてもKライナーよりCライナーは安くなりますので、やはりDと同じ問題から淘汰されてしまいました。

それぞれ使われていたユーザーさんはおりますので、代替として別のライナーで対応しています。
Dライナーを使っていたものには、中芯の紙を強引に貼り合わせて使っています。
中芯は包装の表面に出ることを想定されずに作られていることもあり、見た目は悪いです。
ねずみ色でザラザラした感じの表面になります。
これを表面に使うことは滅多に無く、箱にした時に内側になる面だけに使ってコストを落とすのに使っています。
しかしこの手法も出荷量の兼ね合いから、メーカーでC5ライナーを裏面も作ってしまい値段だけ中芯扱いということも多いです。

C6ライナーに関しては当然、強度的に大差ないK5を代替としましたが、代替品の方が高価なライナーになってしまうパターンでしたので、 その値段に関しては、メーカーとユーザーの力関係から対処はマチマチだったようです。



メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2017. 段ボール屋 All right reserved