オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加

オーバーフラップ(おーばーふらっぷ)

JISで定められた段ボール箱の形式(JIS Z 1507)では0203というタイプになるもので、
みかん箱タイプ(A式)(0201)の外蓋の部分の長さが長く、フタをすると完全に重なる長さの箱形式、もしくはそのフタの部分の部分的な呼び方です。
フタ(フラップ)が大きく伸びているイメージからオーバーフラップという俗称で呼んでいます。

オーバーフラップ みかん箱タイプの形式を検討していて、巾が長さに対して極端に短い場合、外フタの巾が長さに対して小さくなりすぎ、 フタが折れづらくなったり、折っても反り返って使いづらい場合などにオーバーフラップにします。

また重量物の梱包において底面の外フタを完全に二重にして底抜けを極力防ぐという使い方でオーバーフラップのフタにする場合もあります。
みかん箱タイプのままですと、特に底面の中央に荷重が集中するような場合、底抜けの恐れがあるからです。

自転車など長さはあるけど幅が少ないようなパターンではこのオーバーフラップが良く使われているのを目にします。

またオーバーフラップが選択される理由の珍しいものとして、箱を広げた時のサイズ稼ぎという場合があります。

段ボール箱を作る際は広げた状態で裁断機や印刷機、糊貼り機を通っていきますが、3辺のサイズのうち特に巾が極端に小さいものは 広げた時の巾も小さくなりがちです。
広げた時の巾というのは、箱にした時の高さと巾の合計寸法になるのですが(厳密には厚み等を加味して若干大きいです)、 高さがそれ程ない小さいもので巾も短いパターンですと、この巾が機械に通る最小寸法を下回ってしまうのです。
そのため強引にサイズを稼ぐために、オーバーフラップのフタ形状にして作る場合があります。

オーバーフラップは欠点が幾つかあります。

まず大きさの問題です。
普通のみかん箱タイプの形状に比べて、オーバーフラップではフタの長さが倍になりますので、当然その分材料を多く使うためコスト高になります。
またフタの長さが倍になるということは畳んだ時のサイズも大きくなりますので、オーバーフラップの場合は置き場や梱包時の取り回しにも難がでます。
エンドユーザーが使い終えた際の廃材サイズも大きくなります。

次がオーバーフラップのフタ形状そのものによる問題です。
封をする際にテープなどを使う場合、止める箇所が箱の端の部分になりますので、封をする作業自体も大変になりますが、 隣の荷物と擦れた際、テープが剥がれてしまうかも知れないという問題もあります。
また段ボールの板自体の厚みを考慮しないで、強引に同じ位置から折り込んで二重に重ねているため、内容物の入れ方や重さなどによって 特に小さく細長い箱でオーバーフラップにしたものは、立てた時に傾いてしまう問題もあります。

最近は箱の中にいれる緩衝材に安価で優れたものが沢山選択肢として選べるようになったことや、 配送品質が上がったことによって材質に柔らかいものを使われるようになりフタを折り込み安くなったことなどから、 上記の欠点を避けるため、余程、細長いものや小さいもの意外ではオーバーフラップを使う頻度が減ってきました。



メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2017. 段ボール屋 All right reserved