オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加

N式サイド差込式(えぬしきさいどさしこみしき)

N式サイド差込式N式箱の中で、巾に当る面の2箇所が額縁状になり、フタの両サイドの出っ張りをその額縁に差し込んで封をする形を 弊社ではN式サイド差込式と呼んでいます。
ある程度の数量では抜型を初回に作って、それを使って加工するタイプになります。

フタを両サイドの額縁に差し込んで封をするため、フタが箱内部に差し込まれないで済むというのが大きな利点になります。

N式箱は基本的に組み立てて箱の形を作りますが、どうせ抜型を作るのであれば、テープなどの副資材を使わずに封ができるように フタは差し込みタイプにするのが普通です。
そこでフタの先端を箱内部に差し込むと問題がでるような梱包では、N式上差込式よりもこのN式サイド差込を使うことで内容物に干渉せずに梱包できるようになります。

N式サイド差込の弱点は、内フラップを付けないと、両サイドの巾に当る面の上側は、額縁の上にフタが乗っかっているだけの状態になることです。
そのため場合によってはそこに隙間があいてしまいます。

それを避けるために内フラップをつけると、N式サイド差込の内フラップは箱内部に差し込む向きでしか入れられないため (額縁の面と並行に差し込まれます)、また箱内部に干渉してしまうという問題がでてきます。
折角、箱内部を干渉しないようにN式サイド差込にしても、内フラップをつけることで、結局、上差込式と同じ差込を両サイドの2箇所分増やすことになってしまうのです。

しかし内フラップをつけることで、この箱は箱の上下方向からの強度がとても強くなります。
巾に当る面は額縁でただでさえ2重に折り返されたダンボールがあるのにプラスして、内フラップの1枚が加わり、 正面側ではサイドを差し込んで固定されたフタ部分と内側の2重構造になり、 4面ある立ち上がり面のうちの3面が2重以上の枚数で構成されるようになるためです。

そのため内部を干渉させない目的でN式サイド差込にする場合は、内フラップをつけず、 強度があるN式サイド差込を作りたい場合は、内フラップをつけるように使い分けています。

N式サイド差込式の組み立て方です。

N式サイド差込の組立1N式サイド差込の額縁
まず両サイド(巾の面)の額縁を組み上げます。
両方組み上げた時点で、底面は出来上がっていますので、すぐに物を入れられます。
底面がみかん箱タイプ上差込下組式に比べて、N式サイド差込では、平らで綺麗なのが一目瞭然です。

N式サイド差込の内フラップN式サイド差込の組立4
内フラップがあるものは、次に両サイドの内フラップを箱の内側に差し込みます。
この時点で、箱はガッチリしていますので、形としての丈夫さが手にとって判ります。

N式サイド差込の外フラップ1N式サイド差込の外フラップ2
N式サイド差込の外フラップ3 最後に箱前面側の両サイドについたベロを、最初に組み上げた両サイドの額縁の中に差し込んで封をします。
この作業が、面倒・・・と言えば面倒ですが、しっかり入り、入れてしまえばガッチリかんでいますので、 再封性を持たせつつ、丈夫な梱包がしたい場合は、お勧めの形です。



メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2018. 段ボール屋 All right reserved