オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加
中芯(なかしん)

中芯 ダンボール板を横から見たとき、上下の平らな板に挟まれたナミナミした模様の部分のことを中芯(なかしん)といいます。
ダンボール特有の特性を持たせるための重要なパーツです。

ダンンボール箱の手配をあまりされない方は、中芯というものを意識することはあまり無いかもしれませんが、 箱にした時の強度や特性を考慮するととても重要な部分になります。

中芯を強くした箱では、積上げた時の強度があり、また手で持ったときもしっかりしていて、
ライナーだけを強化したものよりも、箱全体が頑丈になります。

中芯の高さや単位長さあたりの段数(段繰率)によってフルートという種類でダンボール板はまず種類分けされています。
この説明はフルートのページをご覧ください。

フルートの種類を決めるのは中芯の形状的な観点からになりますが、 フルートが決まったあとも、中芯自体の種類を強度によって選択することが可能なのです。
これは意外と知られていないのですが、弊社のように加工するところでは中芯の選択は極普通に行われています。

何も指定しない場合は通常芯と呼ばれる中芯が選択されます
これは中芯を真っ直ぐに伸ばした時の単位平米あたりの重さが120gになるものです。
標準の中芯ですので、購入した段ボールの材質表記に中芯の種類の記載が無い場合は、この120gを使われていると判断して大丈夫です。

ダンボールで使う紙の種類は昔から重さで分けられております。
板の表と裏で眼に見えるライナーの部分はC5,K6などの記号で種類分けされて一般的になっていますが、 あまりその選択が一般的でない中芯の部分は、直接重さ(グラム)で呼ばれています。

標準の中芯が120gなのに対して、下の4種類の中芯を他に選ぶことが出来ます。

160g、180g、180g強化芯、200g強化芯

右に行くほど強い中芯になります。
「強化芯」となっている中芯は、重さが標準のものに比べて重さが同じでも、中芯自体を薬剤で硬く強化したものですので、 同じ180gという重さでも、強化芯とそうでないものがあります。

中芯を選ぶときの注意点は、ライナーとのバランスを考えることです。
例えば中芯を200g強化にしたから強度的には十分だと判断して、ライナーは最低材質のC5などにしてしまうと、 折り曲げた時にライナーが中芯の硬さに負けて千切れてしまう現象がおきます。
箱など梱包用途として使う場合は、どうしてもフタ部分や胴部分で板を折って使いますので、 折るときに出てしまうこの中芯が強すぎる問題は避けるべきです。

例えばC5というライナーを使っていて、もう少しコシを持たせたい時に、中芯を160gにするのは良いですが、 さらに中芯を180gにアップする場合は、まずライナーを先にアップさせてK5×160gとする方がオススメです。

逆に中芯に200g強化芯を使うようなパターンはライナーがK6以上である方が良いです。
K5であれば180gの強化芯でないものあたりまでです。

このバランスにさえ注意すれば、ライナーと中芯の組み合わせで、使用目的にピッタリあった材質を選ぶことが出来、 使い勝手やコストパフォーマンスがとてもよくなります。



メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2017. 段ボール屋 All right reserved