オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加

クラフト色(くらふといろ)

極一般的に出回っている段ボール表面の色で黄土色の色具合を弊社ではクラフト色と呼んでいます。

茶色というには黄色がかっていますし、黄土色というのもちょっと紙のイメージから遠いため、 ホームページを立ち上げた当時、どう表現しようか悩んでいました。

それまで普通に営業回りしてお客様に色の選択の話をするときは
「白にしますか?それとも普通の?」
といった具合に「普通の色」と表現されておりましたので。
流石にインターネットで普通の色というには説明がつかないので、 悩んだ挙句「クラフト紙」という洋紙が一般的でイメージがわきやすいだろうと考え、 それと同じ色を意味するように「クラフト色」と表現するようにしました。

以来、あちこちでもクラフト色という表現を聞くようになってきましたので、 クラフト色で正解だったのか、、それともクラフト色というここでの呼び名が浸透してしまったのか、、 いずれにしてもそれで全国のお客様に色のイメージを言葉で伝えやすくなりました。

さてこのクラフト色はどうして茶色っぽいのかと言いますと、
木の色の名残なのです。

ライナーにC5とかK5といかいった表現がありますが、 CよりもKの方がバージンパルプの含有率が多いため繊維質が活きていて強度があります。
そのバージンパルプの量が多いほど本来のパルプの色、赤茶っぽい木の色に近くなるのです。
国内ではダンボールは殆ど古紙から作られていますので、どうしてもその製造途中に漂白工程が入るため 海外のそれにくらべて色が白っぽくなります。
国内のそれはクラフト色と表現すると丁度良い感じですが、 海外から輸入された段ボール箱を見ると国内のものに比べてとても赤茶っぽく見えるため、 ちょっとクラフト・・という表現よりも色が濃すぎる感じになります。

ところでこのクラフト色のものに対して白いものがあります。
段ボールのライナーの部分は一枚の紙のように見えますが、実は多層に紙が貼り合わされています。
その一番上の紙だけを白いもので貼ってあるのが、白いライナーです。
白い一番上を紙をめくるとその下はクラフロ色の薄い紙が何層にもなっているのです。
これと同様の作り方で、白以外でもいろいろなカラーのものが作られます。
しかし、クラフト色と白以外は、それらに比べて極端に出荷量が少ないため、ある程度の数量がないと 本来は作れないものになってしまいます。

逆にクラフト色はとても小ロットでも手配が可能で納期も早くなるのです。

またクラフト色が好まれて使われる理由は、安価であるのはもちろんですが、汚れが目立ちづらい色であることもあります。
弊社のお客様でも、最初は商品イメージを優先して白ライナーでスタートしたのですが、外装箱という用途から どうしても汚れがつきやすく、返って汚さが目立つということで、クラフト色に戻したケースがあります。
埃などがついてしまってもクラフト色なら目立たないので、そういう意味では、ちょうど外装箱という用途に向いている色なのかもしれません。



メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2017. 段ボール屋 All right reserved