オンライン最速
当日出荷!激速!オーダー ダンボールの専門サイト
オーダーメイドのダンボール専門サイト オーダー 段ボールの専門販売サイト。ネット上のMy ダンボール 工場としてお使い下さい。
ピッタリのダンボールを極小ロットから当日出荷の超短納期でお作りします。
ダンボールのことなら何でもお気軽にお問い合わせください お問い合わせメール
オーダー 段ボールの専門サイト ダンボールの製造販売 / 段ボール屋 サイトマップ 再注文はコチラから。IDやPWなどお客様情報の変更もコチラです N式や蓋を差込む箱などを抜型代金不要で安価に作れます 段ボール以外のことでも包装全般承ります オーダー ダンボール専門店
ダンボールの検討や出荷時に役立つ情報をまとめました
   ダンボールのお見積
   ダンボール箱の強度計算
   ケアマークダウンロード
   サンプルセット請求
   トクトク情報
   出荷に役立つリンク集
オーダーメイドの段ボールをご注文する前に知っておきたい段ボールの豆知識集です
   ダンボールの形状
   箱寸法の出し方
   箱以外のダンボール
   ダンボールの材質
   表面の色
   ダンボールへの印刷
   ダンボールの値段
段ボール屋のご利用方法
   ダンボールの注文方法
   お支払方法
サポート
   ダンボールQ&A集
   お問い合わせ
   到着予想時間
   SSL暗号化通信について
段ボール屋 運営方針
   スピード製造・当日出荷
   プライバシーに関して
ダンボール全般の豆知識集
   ダンボールとネット販売
   材質判定方法のお話
   ダンボール業界のお話
   ダンボールおもしろ話
段ボール屋 当店のご案内
   会社案内
   ダンボール工場見学
   特定商取引法の表示
   運営責任者
   関連サイトのご紹介






段ボール屋では安心してお買物して頂く為にSSL暗号化通信に対応しております。
ダンボール屋モバイル

Yahoo!ブックマークに登録
はてなブックマークに追加 はてなブックマークに追加

フルート(ふるーと)

フルート ダンボール板の種類を表します。

ナミナミした波型の単位長さあたりの数や板の厚みによって種類分けされていて、
・Bフルート
Aフルート
・Wフルート
などの種類があります。

右の写真は上からA・B・Wフルートです。

AフルートからCフルートまでのそれぞれのナミナミ模様の数はJISでも規定されています。(JIS Z 1516)

それぞれのフルートの具体的な数字は下記のようになっています。

フルート ナミナミの数 板の高さ 段繰率
A    34±2     4.5〜4.8 1.6
B    50±2     2.5〜2.8 1.4
C    40±2     3.5〜3.8 1.5
E    約 93     1.1〜1.4
F    約126     約0.6
G    約180     約0.5

※ナミナミの数は30cmあたりの数になります。
※板の高さはライナーまでを含めた高さで単位はmmです。

WフルートはAとBがくっついたものですので、表には載せていません。

表の特にナミナミの数や段の高さを見ていただくとお気づきかと思いますが、
かなりいい加減です・・・。
例えばAフルートで30cmあたり34±2ですから、少ないもので32、多いもので36となり、4つのナミナミがあるか無いかになるのです。
これって板を並べてみると一目瞭然ですので、実際に出回っているのは、この範囲よりかなり狭くキチンとしています。
ダンボールの規定って全体的にこのようにかなり範囲が広い決まりが多いです。
業者の裁量に任されている感があります。

ところで、あくまでも弊社での処理量を見た場合、一番多いのがAフルート、次いでBフルート、Wフルートとなります。

昔は、外装箱にはWフルート、内装箱は内容物の重量に応じてAフルートやBフルートというのが定番でしたが、 ここ10年ほどで、外装箱のWフルートがAフルートの強化された材質のものに変わってきたため、Wフルートがあまり見られなくなりました。
例えばみかん箱タイプの箱形状の場合、WフルートをAフルートに変えることで1箱の厚みは6mm程になります。
(Wを8mm、Aを5mmと仮定してみかん箱タイプだと箱を畳むと板2枚分になるため)
高さの狭い保管場所でも、大抵100個くらいは積上げますので、6×100=600mmもサイズが変わり、保管体積を圧倒的に小さく出来ます。
またコスト的にもどうしてもWフルートはAフルートの1.5倍程度しますので、特に配送技術が進化した昨今では、包装のコストダウンとなると 外装箱に使われる部分が真っ先にその対象になり、この現象が一気に進みました。

Cフルートは主に欧米でメインのフルートになっているものです。
国内ではほぼ目にすることが無く、生産するメーカーも、知る範囲ではまず無かったのですが、 近年、レンゴーさんを中心にその普及が始まっています。
CフルートはちょうどAフルートとBフルートの間の性質になります。
AフルートをCフルートに変更して、その材料費を浮かせる目的のようですが、現状では流通量の問題からAフルートと同等かそれ以上の コストがかかるため、今後、どの程度、国内で普及していくのかは不透明な感があります。

E、F、Gフルートはマイクロフルートと呼ばれる薄い段ボールで、主に個装箱・内装箱で使われます。



メールフォームからご相談・お見積り等はこちら
休日についてはトップページ下部の出荷予定表をご参照ください。
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます
Copyright (c) 2002-2017. 段ボール屋 All right reserved